食事制限が必要な糖尿病の人の外食

食事制限をすることが必要な糖尿病の人でも外食をしたいことはあります。

 

入院しないで自宅で食事療法をやっていたりすると医者から食事の指導があるのですが、
食事内容は塩分、糖分など調味料は少なめの薄味でカロリーなども制限することになってきます。

 

そんなときに外食をすることは禁物かもしれないのですが、
もし万が一外食せざるを得ないことがあったら食べるものも選ぶべきです。

 

血糖値を上げやすいうどんや丼物はダメなのですが、できれば薄味な和食などを選ぶのがふさわしいです。

 

食べかたも血糖値の上昇にも気を付けたいので野菜から食べたりしてご飯も少なめにします。

 

とにかく出された1人前を完食することは不要です。

 

定食を頼むのが好ましいのですが、野菜を食べる量は定食にもサラダがついてくるはずなので好都合です。

 

定食だったらお刺身定食や焼魚定食などあっさりとしていてヘルシーなものがよくてあまり、
揚げ物系は油も多いのでカロリーも高くなってしまうので避けるのがいいです。

 

味噌汁や漬物などは塩分も高いので残したほうがいいのですが、
食事制限付きだというなら外食でもご飯はオーダーするときに減らしてもらうか半分残して全部食べないことです。