増殖性糖尿病網膜症

糖尿病網膜症には、増殖性網膜症があり、これは、その進行段階を現しているものです。
新生血管というのは非常にもろく、破れやすい血管で、新生血管が網膜から硝子体に入り込んできて、増殖性糖尿病網膜症を引き起こします。
新生血管が硝子体に入り込み、血圧が上がって衝撃を受けると、新生血管は破れて出血し、最終的に増殖性糖尿病網膜症になってしまうのです。
増殖性糖尿病網膜症では、視界がぼやけて、黒いチリのようなものがちらついて見えるようになります。
増殖性糖尿病網膜症は、単純網膜症を発症してから、数年を経過して始まります。
そして、増殖性糖尿病網膜症では、網膜の血管が閉塞して、網膜の一部に血液の供給されない部分が生じることで、その代りに、新生血管が出現するのです。
レーザー光凝固の治療は、初期の増殖性糖尿病網膜症に対して有効で、この場合、アルゴン、クリプトンなどのレーザー光を使います。
また、増殖性糖尿病網膜症の治療には、黄斑部を除いた網膜全体に行なう汎網膜光凝固と、新生血管がある部分の網膜だけに行なう局所網膜光凝固があります。
増殖性糖尿病網膜症は、網膜が血流不足になり、網膜に新生血管が生じることで発症します。

増殖性糖尿病網膜症関連ページ

糖尿病網膜症の症状
糖尿病網膜症の症状
糖尿病網膜症の治療
糖尿病網膜症の治療
糖尿病網膜症の手術
糖尿病網膜症の手術
糖尿病網膜症高血圧
糖尿病網膜症高血圧
糖尿病網膜症と失明
糖尿病網膜症と失明
糖尿病網膜症の検査
糖尿病網膜症の検査
糖尿病網膜症のレーザー治療
糖尿病網膜症のレーザー治療
粥状動脈硬化糖尿病網膜症
粥状動脈硬化糖尿病網膜症