糖尿病網膜症のレーザー治療

糖尿病網膜症は、網膜の毛細血管が詰まって、網膜の血流の悪い部位が現れ、網膜の酸素不足が生じる病です。
糖尿病網膜症の治療方法ですが、ほとんどが、すべての網膜に対して、数回に分けてレーザーを照射する場合が多いのです。
糖尿病網膜症では、中心部以外の血流の悪い部分にレーザーを照射して、網膜を凝固するのです。
要するに糖尿病網膜症のレーザー治療は、酸素不足に陥った網膜を間引くことにより、眼内の酸素の需要を減少させるのです。
そして、糖尿病網膜症で物を見る中心部にむくみが生じると、視力が低下することがよくあります。
また、糖尿病網膜症でレーザー治療を行っても、むくみが残る場合や、脂肪が沈着する時もあります。
そうしたケースでは、糖尿病網膜症で、黄斑部の機能のダメージがかなり進んでいる状態であると言えます。
糖尿病網膜症に対する有効な薬がない今、糖尿病の初期からの血糖と血圧のコントロールが何より大切になります。
そして不幸にして糖尿病網膜症が発症した場合は、適切な時期にレーザー治療をすることが次に大切になります。

糖尿病網膜症のレーザー治療関連ページ

糖尿病網膜症の症状
糖尿病網膜症の症状
糖尿病網膜症の治療
糖尿病網膜症の治療
糖尿病網膜症の手術
糖尿病網膜症の手術
糖尿病網膜症高血圧
糖尿病網膜症高血圧
糖尿病網膜症と失明
糖尿病網膜症と失明
糖尿病網膜症の検査
糖尿病網膜症の検査
増殖性糖尿病網膜症
増殖性糖尿病網膜症
粥状動脈硬化糖尿病網膜症
粥状動脈硬化糖尿病網膜症