粥状動脈硬化糖尿病網膜症

糖尿病網膜症というのは、糖尿病の合併症の一つで、これは、糖代謝異常に伴う微小血管障害によって起こるものです。
糖尿病の三大合併症といわれるのが糖尿病網膜症で、1年に4000人以上の人が失明している恐ろしい病気です。
そんな怖い糖尿病網膜症には、粥状動脈硬化というものがあり、これは、動脈内にコレステロールなどが沈着することにより起こります。
血管が詰まることで脳梗塞や心筋梗塞が、そして血管が狭くなることで狭心症や手足の粥状動脈硬化糖尿病網膜症が起こりやすくなります。
そのため、循環器病の中で、粥状動脈硬化糖尿病網膜症は非常にやっかいな病になります。

 

糖尿病網膜症は放置すると、動脈硬化が進むので、体重の調整や生活習慣に問題がないかを見直す必要が出てきます。
粥状動脈硬化糖尿病網膜症を予防するには、血糖コントロールを上手くして、血糖値を正常値に維持することが大切です。
血管は、内膜、中膜、外膜の3つから構成されていますが、粥状動脈硬化糖尿病網膜症は、太い動脈や、中ぐらいの太さの動脈の内膜で起こりやすいと言われています。
そして、粥状動脈硬化糖尿病網膜症で、粥腫が破裂して中身が出てしまうと、そこに血栓が出来やすくなって、血流を止める場合もあるので、要注意です。

粥状動脈硬化糖尿病網膜症関連ページ

糖尿病網膜症の症状
糖尿病網膜症の症状
糖尿病網膜症の治療
糖尿病網膜症の治療
糖尿病網膜症の手術
糖尿病網膜症の手術
糖尿病網膜症高血圧
糖尿病網膜症高血圧
糖尿病網膜症と失明
糖尿病網膜症と失明
糖尿病網膜症の検査
糖尿病網膜症の検査
糖尿病網膜症のレーザー治療
糖尿病網膜症のレーザー治療
増殖性糖尿病網膜症
増殖性糖尿病網膜症