糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症というのは、糖尿病の合併症の1つで、糖尿病というのは、よく知られているように、血糖値が高くなる病気のことです。
初期では、糖尿病網膜症は、自覚症状がほとんどないので、自覚症状がでた時には、既に手遅れということもよくあります。
そのため、糖尿病網膜症の疑いがあるような人は、血糖コントロールに加えて、定期的な眼底検査を受けるよう努めることです。
糖尿病腎症、神経症とともに糖尿病網膜症は、糖尿病の3大合併症の1つとして挙げられていて、成人の失明原因の第一位になっています。

 

糖尿病網膜症は、その進行の程度によって、大きく分けて三段階に分けられます。
血糖値のコントロールが良くなれば、単純糖尿病網膜症は、改善する可能性があります。
次に、前増殖糖尿病網膜症があり、これは、単純網膜症より、一段階進行した状態になります。
これは全く自覚症状がないこともあり、前増殖糖尿病網膜症は、多くの場合、網膜光凝固術を行う必要が出てきます。
そして次の段階として、増殖糖尿病網膜症があり、これはかなり進行した段階で重症の部類に入ります。

糖尿病網膜症記事一覧

糖尿病網膜症というのは、糖尿病になった人が、目の中に生じる病気の1つになります。そして、糖尿病網膜症が進行すると、網膜に浮腫を生じたり、硝子体中に出血したりして、視力が低下するので、初期の頃に症状がないからと言って放置してはいけません。糖尿病網膜症は、糖尿病の人が起こす目の病気で、目の血管に色んなトラブルを起こして、視力の低下、そして最悪、失明に至るものです。日本では、糖尿病網膜症の失明者は年間3...

糖尿病網膜症の初期の段階である単純網膜症の場合は、その治療として、内科的な血糖コントロールを施します。そして、糖尿病網膜症により起こる網膜の出血も、小さなものなら、消えることすらあります。そうしたことから、糖尿病網膜症というのは、とにかくかかりはじめが何より肝心だといえます。しかし、糖尿病を長年、放置していると、知らないうちに糖尿病網膜症はどんどん進行していきます。糖尿病網膜症は、糖尿病の可能性が...

糖尿病網膜症では、その末期段階である、増殖網膜症になった場合、血糖コントロールや光凝固療法だけではとどまらず、硝子体の手術をする必要が出てきます。そして、網膜だけではなく、硝子体にまで触手をのばしていくようになるのが、増殖糖尿病網膜症の特徴です。そしてこの糖尿病網膜症の手術により、多くの人が失明からまぬがれています。増殖糖尿病網膜症は、まず、レーザー治療を行うのが一般的で、これは、網膜血管が詰まっ...

糖尿病網膜症高血圧は、高血圧に起因する網膜血管の損傷により起こるものとされています。その症状は後期に現れるのが特長で、糖尿病網膜症高血圧の眼底検査においては、細動脈の狭細化、動静脈血管狭窄、血管壁の変化、火炎状出血などを診ます。他の糖尿病網膜症高血圧の変化では、数年にわたる血圧上昇が、結果的に起こったりします。高血圧と糖尿病との合併によりなる、糖尿病網膜症高血圧は、視力障害の危険が大幅に増加するの...

糖尿病網膜症というのは、日本では、中途失明の原因では、現在、第1位となっていると言われています。血管が詰まると、網膜の中の血液がスムーズに流れなくなり、必要なだけの酸素や栄養分を受け取ることができなくなることから、糖尿病網膜症を引き起こすのです。血液が流れなくなった場所には、新生血管という新しい血管が出き、栄養不足を補おうとしますが、新生血管は非常に破れやすいので、糖尿病網膜症になるのです。本来は...

糖尿病網膜症というのは、糖尿病による眼の合併症の1つとして挙げられていて、放置してしまうと、失明にまで至る病気です。そのため、糖尿病網膜症の検査、そして発症予防や進行の抑制こそが、大きな治療目標になるのです。眼底検査は血管の様子を最も鮮明に直接に見ることができる検査なので、糖尿病網膜症では、とても有効なのです。そして、糖尿病網膜症の検査後は、散瞳薬の影響により、しばらくまぶしさを感じることがあるこ...

糖尿病網膜症は、網膜の毛細血管が詰まって、網膜の血流の悪い部位が現れ、網膜の酸素不足が生じる病です。糖尿病網膜症の治療方法ですが、ほとんどが、すべての網膜に対して、数回に分けてレーザーを照射する場合が多いのです。糖尿病網膜症では、中心部以外の血流の悪い部分にレーザーを照射して、網膜を凝固するのです。要するに糖尿病網膜症のレーザー治療は、酸素不足に陥った網膜を間引くことにより、眼内の酸素の需要を減少...

糖尿病網膜症には、増殖性網膜症があり、これは、その進行段階を現しているものです。新生血管というのは非常にもろく、破れやすい血管で、新生血管が網膜から硝子体に入り込んできて、増殖性糖尿病網膜症を引き起こします。新生血管が硝子体に入り込み、血圧が上がって衝撃を受けると、新生血管は破れて出血し、最終的に増殖性糖尿病網膜症になってしまうのです。増殖性糖尿病網膜症では、視界がぼやけて、黒いチリのようなものが...

糖尿病網膜症というのは、糖尿病の合併症の一つで、これは、糖代謝異常に伴う微小血管障害によって起こるものです。糖尿病の三大合併症といわれるのが糖尿病網膜症で、1年に4000人以上の人が失明している恐ろしい病気です。そんな怖い糖尿病網膜症には、粥状動脈硬化というものがあり、これは、動脈内にコレステロールなどが沈着することにより起こります。血管が詰まることで脳梗塞や心筋梗塞が、そして血管が狭くなることで...