糖尿病・血糖値が高い食事ガイド

糖尿病で大事なことの一つとして食事療法ですね。
やはり、一番は栄養などを考えて食事を摂ることが大事になってきます。
しかし、そうはいっても仕事をしていたり、時間がなかったりということで、なかなか理想の食事を作って食べるというのは難しかったりします。
そこで最近話題になっているのが食事の宅配サービスです。
血糖値が高い方、糖尿病の方向けに管理栄養士と料理のプロが栄養のバランスやカロリーを考えて料理を作って宅配してくれます。
もちろん、糖尿病の方だけでなく、糖尿病予備軍の方や栄養のバランスを考えた食事をとりたいという方にもおすすめです。
では比較して紹介していきます。

血糖値が高い方が気を付けるべき食事|おすすめの食事療法は?

目次

血糖値が高いと、どうなる?
高血糖と診断されたら?
食事で「高血糖」を改善できる?
気をつけたほうがよい点は?
糖尿病・血糖値が高い方向け食事宅配サービス

血糖値が高いと、どうなる?

 

・「食事をすると血糖値が上がる」ことは、ご存知かと思います。

 

食事によって増えた血液中の糖は、すい臓から分泌されるインスリンの働きによって処理され、
一定の量に保たれます。

 

そのインスリンの量が減少したり、働くが悪くなると、血糖がうまく処理されず、血糖値が高いままの状態が続くことになります。

 

いわゆる「高血糖」です。

 

慢性的に高血糖が続く疾患が、「糖尿病」、ということになります。

 

高血糖の状態が長期間続くと、まずダメージを受けるのが「細小血管」で、網膜、腎臓、末梢神経に障害が現れます。

 

さらに放置されると、今度は、太い血管がダメージを受け、硬くなったり、血流が細まったり、詰まったりする、「動脈硬化」を起こします。

 

結果として、脳や心臓といった、重大な部分の疾患につながるわけです。

高血糖と診断されたら?

 

・「2型糖尿病」は、生活習慣が原因で「高血糖」になった場合にかかりやすい、と言われます。

 

「高血糖」と診断されて、「じゃあ、どうしたら下がるの?」と悩まれる方も多いはず。

 

今までの「生活習慣」が「高血糖」を招いたのなら、やはり、「生活習慣を見直す」ことが必要になるでしょう。

 

 

・適度な運動

 

「有酸素運動」で、筋肉への血流を増やす。
「筋力トレーニング」で、筋肉を増やす。

 

どちらも、インスリンの効果を高め、血糖値を下がりやすくする、と言われます。

 

また、高血糖の場合は、特に、食後の運動が効果的、と考えられています。

 

ただし、「とても激しい有酸素運動」は、アドレナリンなどのホルモン分泌を促すため、逆に、血糖値を上げる場合があります。

 

「血圧が上がるほど強度の筋力トレーニング」も、心臓・腎臓などに負担をかけてしまいます。

 

「無理なく」「継続して」体を動かすのが、ベストのようです。

 

 

・食事

 

高血糖の場合、最も重要と思われるのが、「食生活の改善」です。

 

TVや雑誌などでも、ひんぱんに、

 

「高血糖を予防する食材」
「糖の吸収を穏やかにする特定栄養食品(トクホ)」

 

といったフレーズを見かけると思います。

 

確かに、血糖値のコントロールには、「食事療法が欠かせない」というイメージがあります。

 

では、実際に、どんな食事をすればいいのでしょうか。

食事で「高血糖」を改善できる?

 

「高血糖の改善」につながる食事療法として、よく目にする「食事の際の心がけ」は、主にこのようなものです。

 

・1日3回、規則正しく
・ゆっくり、よく噛んで食べる
・腹八分目にする
・どの栄養もバランスよく
・間食は控える

 

いかがでしょう。
どれも「当たり前」といえるほど、ごく一般的な「正しい食事の取り方」だと思いませんか?

 

現在のところ、「これを食べれば治る」、または「これを食べては絶対にダメ」という食べ物はない、というのが実情のようです。

 

また、「先ベジ」「ベジファースト」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。
これは、「食事の一番最初には野菜を食べる」ことで血糖値の上昇を抑える、という考えに基づいた食事法です。

 

他にも、
「朝にGI値(食後血糖値の上昇指数)が低い食事をとると、昼食後の血糖値も下げる効果を期待できる」
という、「セカンドミール効果」なども提唱されています。

 

 

以上のことを踏まえると、高血糖を改善するためには、まず、

 

「食事の量(特に、血糖値の上昇にかかわる食材に注意する)」
「栄養バランス」
「食べ方、食べるタイミング」

 

この点に気をつけて、正しく食事をとるのが望ましい、ということになるのではないでしょうか。

気をつけたほうがよい点は?

 

・医師の意見を聞く

 

まず第一に、食事療法については、主治医とよく相談し、ご自身に、控えるべき食べ物、とったほうが良い食べ物などがあるかを確認することです。

 

 

・エネルギーは、過不足なく

 

血糖値にかかわらず、「過剰なエネルギーの摂取」は、体によくありません。

 

逆に、極端な減食も、健康を損ねることも要因となってしまいます。

 

また、必ずしも「カロリーが高い食べ物=血糖値が上がる食べ物」ではない、ということも、覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

・食物繊維をとろう

 

「食物繊維の多い食品」には、食物の消化・吸収速度や、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるようです。

 

また、海藻、きのこ、コンニャクなどは、エネルギーが少ないので、味付けの塩分・糖分・油などを抑えれば、たくさん食べることができます。

 

 

・計量、計算を習慣づける

 

食品の、栄養素、塩分や糖分、カロリーなどを、知っておくのも大事でしょう。

 

栄養エネルギー量は、主に、脂質の多い食品ほど、多くなるようです。

 

また、「食品交換表」(糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版)を使えば、
自分の食事に、偏りがないか、必要な栄養が含まれているか、などを、簡単にチェックできます。

 

 

・色々なメディアのレシピを活用

 

いまでは、TV、雑誌、インターネットなど、さまざまなところで、高血糖の方向けの料理レシピや献立が紹介されています。

 

だいたいのメニューに、エネルギーや、含まれる栄養成分の表記がついていますので、自分で食材一つ一つを調べる手間も、はぶけます。

 

「おいしそう」「簡単そう」など、目についたメニューを楽しみながら作るのも、良いことではないでしょうか。

 

 

・食事宅配サービスを使ってみる

 

食事療法が必要な方のために、専門の管理栄養士が、献立を監修しているところも多くあります。

 

味付けにも、ボリューム感・盛り付けなどにも、それぞれ工夫がこらされているようです。

 

出来合いのお惣菜やお弁当を買って食べるよりは、専用食の方が、心置きなくいただけるのではないでしょうか。

まとめ

 

高血糖の治療には、たいてい、ある程度の期間が必要となります。

 

規則正しい食事や睡眠、適度な運動は、治療にも、また予防にも、役立つでしょう。

 

まずは、暴飲暴食や、偏った食事が続かないよう気をつけることが、健康維持の基本であるのかもしれません。

糖尿病・血糖値が高い方が食事宅配サービスを選ぶなら

当然ではありますが、食事宅配サービスならどこでもよいということではありません。
いろいろ見てみるとおいしそうな食事のラインナップのあります。
ですが、見てみると糖尿病や予備軍の方には向かない食事も多くあります。
確かにカロリーや栄養は考えられていますが、糖尿病向けの食事宅配サービスとコースを選ぶことが大事です。
有名どころでヨシケイやワタミの宅食などもありますが、糖尿病ということでいえば私は違うかなと思います。
いろいろ探してみると知名度や実績、糖尿病向けということを考えると下で紹介しているメイプルフーズや武蔵野フーズが良いのではないでしょうか。

美健倶楽部 メイプルフーズ

メイプルフーズの美健倶楽部は糖尿病食の他にもダイエット食や宅配食などがあり、400kcalと低カロリーこだわった食事を提供してくれます。
糖尿病食にについて紹介させていただくと厚生労働省の栄養摂取基準に基づいて管理栄養士と料理のプロによって作られています。
1食400kcalという低カロリーはもちろんですが、塩分3g以下、カルシウム200mg以上、タンパク質20以上と栄養のバランスも考えられています
商品は1日3食分ではなくて夕食の1食分ということになります。
働いている方などで夕食だけ宅配してもらいたいという方にはおすすめです。
発売以来4万人以上の方が利用していて実績もあります。
お試しセットが10食分(5食×2週間分)で7,600円と1食あたり760円なので価格的にもよいですね。

ポイント

1食400kcal
塩分3g以下、カルシウム200mg以上、タンパク質20以上
和・洋・中70種類以上のメニュー

 

健康宅配 武蔵野フーズ

武蔵野フーズの健康宅配食は、消費者庁の「食事療法用宅配食品等栄養指針」に基づいた栄養管理を行っています。
実績として糖尿病食、腎臓病食、高血圧食などを提供していて、さまざまな医療施設・社会福祉施設で利用されています。
日替わりの献立で飽きずに続けられます
メニューは2食(夕食・翌朝食・間食)1,932円(税込)〜のセットと3食(夕食・翌朝食・昼食・間食)2,667円(税込)〜とあります。
価格やコースなどは変更されるかもしれませんので公式サイトで確認してみてください。

ポイント

日替わりの献立で飽きずに続けられる
エネルギー調整食、塩分コントロール食など様々なラインナップがある
冷蔵(チルド)状態でお届け
高齢者福祉施設約70施設、透析クリニック関連約60施設、その他福祉施設にお届け

お届けエリア

残念なことにお届けエリアが関東、宮城、福島、山梨、静岡、愛知の1都11県になります。